blog

2015/10/15 16:08

ギターを弾くパートナーがいる女性のみなさまへ

さて、思い出してみてください。彼の部屋に入ったとき、ギターはどこに置かれていましたか?もしかして、床に置いてありましたか?壁に立てかけてありましたか?もしも、床に置いてあったなら、きっと喜んでくれ...

2015/09/18 11:14

ピースサインが出来るようになったお子様をお持ちのお母さんに

子どもの成長は嬉しいものです。3歳になると保育園や幼稚園に通いだして、少し手が離れてほっとしてる方も多いと思います。ですが、保育園や幼稚園に通いだすと楽しいお昼ご飯の時間が待っています。いろいろな家...

2015/09/14 15:44

インテリアにツールボックスを。

------このたびの大雨・洪水、また噴火等の災害で被害を受けたみなさまへ心より見舞い申し上げます。ーーーーーーアンドオン三条ベースでは、ツールボックスが3サイズ揃っています。その中で一番小さなサ...

2015/09/11 11:14

iphone6s、iphone6sPlus対応スピーカー「shuttle」

iphone6s,iphone6sPlusの発表がありましたね。大きさ比較をみると、iphone6sPlusは0.1~0.2mmほど大きくなるようです。http://www.decoration-company.com/?p=299アンドオン三条ベースで取り扱うiphone専用「無電...

2015/09/10 13:35

火造りのうちやまさんについて

アンドオン三条ベースにはなくてはならない存在といっても過言ではない、「火造りのうちやま」さんをご紹介します。本名は内山立哉さん。新潟県三条市が誇る、和釘職人です。「火造りのうちやま」という看板は、...

2015/09/09 14:11

間違った耳かきしてませんか?正しい耳かきの方法は意外!

こんにちは。耳かきが嫌いな人ってあまり聞きませんよね?みんなが好きな耳かき。でも、正しい耳かきの方法を知っているのでしょうか?耳かきって気持ちいいからついつい奥のほうまでやってしまいがち。でもそれ...

2015/09/07 11:33

  小人の国のナノブランド~小規模事業者の国ニッポンの経営者へ~ 高橋憲示 著

秋です。読書の秋に、こちらの一冊はいかがでしょうか?「ブランディング」という言葉をご存知ですか?誰しも持っている、自分自身のブランド。ひとりひとりに、ブランドがあります。商品ひとつひとつにブランド...

2015/08/27 13:52

秋の夜長に月見と音楽|SHUTTLE HANDY JUKE BOX|無電源スピーカー

まだ8月だというのに夜になるとすっかり秋の顔を出してきました。2015年の十五夜(中秋の名月)は9月27日(日)になり、今から綺麗な満月が待ち遠しい限りです。就寝前、ベランダに出て月を眺める。その時に大好...

2015/08/26 14:14

ホチキスで施工!壁掛けギターハンガー|「壁美人」GUITAR HERO(ギターヒーロー)|耐荷重8㎏

壁掛けギターで部屋のインテリアをグレードアップしちゃおう!自慢のギターなのにギタースタンド使って床に置いちゃってませんか?部屋が狭くなるし、ほこりもたまりやすいし、倒れる危険だってある!そんなギタ...

2015/08/20 16:06

|中村精工株式会社|という会社

先日、中村精工株式会社様へ商品を取りに伺った際に、工場もほんの少し見学させていただきました。暑い中スタッフのみなさまは汗を流し作業されていました。工場内は、ライン作業です。鉄板を切り取り、バリをは...

2015/08/19 13:47

日本の伝統の技“和釘”を打つ職人がつくりだす|鍛冶屋の耳かき|独特のしなりが耳にフィット

和釘をもっと身近に感じて触れてほしい。そんな思いから生まれました。ものづくりの燕三条ブランド 火造りのうちやま1993年および2013年に伊勢神宮が20年に一度、社殿を造り替える「式年遷宮」において、和釘を...

2015/08/19 12:02

日本の伝統の技“和釘”を打つ職人がつくりだす|三條和釘箸置き・雅(みやび)|巻頭釘を模したデザイン

和釘をもっと身近に感じて触れてほしい。そんな思いから生まれました。ものづくりの燕三条ブランド 火造りのうちやま1993年および2013年に伊勢神宮が20年に一度、社殿を造り替える「式年遷宮」において、和釘を...

1万円以上のご購入で送料無料!

Search商品検索

Categoryカテゴリー

Guideご利用ガイド

廃工場をリノベーションした懐かしく創造的なコンセプトストア三条のメーカー職人の新商品、古着をディスプレイ。 往年のゲーム機がズラリと並ぶ駄菓子屋も併設。 休憩もできるスペースには、ときめくモノ・コトがぎゅっと詰まっている。